読み入る文章やキャッチーなフレーズは、コンテンツに欠かせない要素。
弊社では、ライティングを通じて“顧客満足度の向上”をお手伝いいたします。

WEB記事の役割

「文字の羅列から、読み手の興味を引き出す」

流し読みされる文章、読み手に印象を残さない記事、違和感のある表現は、文字の集合体でしかありません。
クオリティの高い文章とは、正確さは当然のこと、読み手のリアクション・ページ滞在時間・アクセス数など複合的な要素で決まります。過度な装飾を施した文章は陳腐なイメージを与え、集客施策を意識しすぎると中身のない文章になり、期待した成果として残りません。

  • 有益な情報と判断されること
  • アクションを起こしたくなる構成

これらを踏まえ、どう工夫すれば「より多く読まれる記事」になるのかを意識することが重要です。

目的に沿ったライティング

「誰が、どんな目的で、なにを理由に読むのか」

たとえば「写真の多い取材記事」と「社内向けのプレゼンテーション資料」では、文体や構成が異なります。
文章校正やリライトで求められるのは正確さ、エンターテイメント記事やブログで求められるのは楽しさ、集客施策が目的であればSEO対策の徹底です。

まず考えるべきことは、記事を作成する「目的」と「期待する成果」です。

文章を“魅せる”とは

「次に繋がるきっかけづくり」

アクションを起こすきっかけは、好奇心・興味・期待です。それらを触発するには、発想の逆転や、具体例の提示、考察力、視野の広さなど、記事に合った工夫が必要です。数あるコンテンツやWEB記事と差別化するためには、丁寧さやワード収集だけでは不十分です。読んでもらえる記事には理由があり、何度も読みたくなる記事や人に教えたくなる記事には仕掛けがあります。

<対応ジャンル例>

WEB記事作成

  • 取材記事
  • 企業サイト
  • ECサイト
  • キュレーションサイト
  • SNS内記事

資料作成

  • 社内・社外用資料
  • プレゼンテーション資料
  • 企画書
  • 説明会用資料
  • 個人用ポートフォリオ

その他

  • 校正・校閲
  • リライト
  • ブログ代行
  • メールマガジン作成
  • テープ起こし
上記以外のジャンルや継続案件など、ご相談に応じます。
以下フォームよりお問合せ下さい。